こばの湯

Twitter:@lxl_lxl_

ピアスが風で揺れる

この新しい家に来て初めて窓を開けた。というか開くことを知らなかったので、空いたことにびっくりした。

今日みたいな天気が良くて、風のある心地いい日なんて滅多にないから嬉しくて窓を開けて外の空気を部屋に入れている、だからピアスが風で揺れているそんな今日この頃。

 

 

この家に来てから、何十回目の模様替えが遂に終わった。やっと気にいった。母には「また?」と何回も何十回と言わせて来たがこれで言わなくなるだろう。そのくらい今の配置が気に入ってるし、物量を気に入っている。

物量がへることがあっても、増えることはない。今日クッションとスリッパたてを買ったが、今朝20ℓのゴミ袋を4つ分捨てて来た。半年以上使ってないものとさよならしたのだ。もしかしたら必要なものともさよならしたかもしれないが・・・。それでも、おかげさまで部屋の物量感がとてもよくなった。

 

そもそも部屋にものを置いておけないのは、父方の伯母のせいだと思う。なんでも溜め込むタイプの人で祖父母の家はほぼゴミ屋敷といっても良かった。妹が伯母から何十年前の漫画の付録を貰って、うれしそうにかえってきた日、私は発狂していた。あの日のことはよく覚えてる。あの日からものを取っておく習性がなくなった。どうしても取っておかなきゃいけない教科書とかは学校に置いていた。間違えて捨ててしまう可能があったから。自分が怖かった。

今は教科書もないし、捨てちゃダメな物もないが、常に捨てるものを探している。最近は思い出BOXに手を出した。もうこれ以上は捨てたくないので、今のこの心地よい物量に囲まれて生きてたい。